スポンサードリンク

2008年5月19日月曜日

給水装置工事主任技術者の必要性

●平成8年6月の水道法改正により、水道法第25条の第1項に基づき、従来の給水装置工事責任技術者に代わり、全国統一的な資格として厚生労働大臣より交付される国家資格です。

●「給水装置工事主任技術者」の国家資格を取得し、一定の基準(指定要件)を満たしていれば全国どの地域でも水道事業者の指定を受けることができます。


●給水装置の工事および工事後の立ち会いには給水装置工事主任技術者必要です。(事業者規定11条-2及び16条)



●給水装置工事主任技術者の免状の交付を受けた後、管工事に関し1年以上の実務経験を有すると、建設業法による一般建設業のうち、管工事業の専任技術者(建設業許可)・主任技術者(現場常駐)として認められ、一人に付き1点の技術評価での加点対象としても認められるため、経営事項審査でも技術職員として評価されます。